スポンサーリンク

中学受験生の親が気にすべきインフルエンザ対策

目安時間:約 10分

 

長かった受験勉強もあと少し。

最後の12月はまさに最後の追い込みの時期です。

 

そんな中、中学受験生の親が最も気にすべきは…

 

インフルエンザ!

 

子供に気をつけさせるのはもちろん、絶対に家族が家に持って帰らないように厳重注意!です。

 

特にお父さんが会社で…というパターンが多いので、親の予防接種は必須ですよ!

 

インフルエンザにかからない為に

中学受験最大の敵はインフルエンザです!

どんなに優秀な子でも、インフルエンザになってしまったらその実力を発揮することは出来ません。

 

1年、ないしは2年、子供によっては3年という時間を中学受験のために費やしてきたのです。

肝心なこの時期にインフルエンザにならないようにしましょう。

たとえ受験本番までに治ったとしても、直前で1週間近く勉強できなかったとなると精神的に不安定になってしまいます。

それだけで100%の実力を出し切るのが難しくなってしまうのです。

 

ではインフルエンザにかからない為に最も需要なことは何でしょうか?

 

それは

 

不要の外出を避ける!

 

ということです。

 

とにかくインフルエンザウイルスを家の中に持ち込まない!これに尽きます。

 

我が家は1月の学校は休ませました

特にインフルエンザにかかりやすいのは学校です。

ウチは公立の小学校だったのですが、1月は休ませました。

 

中学受験には学校から提出される調査書があるから、印象悪くなるんじゃないの?

 

そんな風に思われるかもしれませんが、6年生の2学期までしか書かれないので、3学期は気にしなくていいのです。

それよりも学校に理解してもらう方が大変かもしれません。

 

息子が通っていた小学校は、幸い生徒の半分以上が中学受験をするということもあり、多くの生徒が休んでいました。

なので息子が学校を休むことも電話1発でOKいただきました。ありがたかったです。

もしあまり中学受験をする子がいない場合は、結構大変かもしれませんね。

でも全ては合格するため。学校側と丁寧に話し合ってください。

 

(ただ、修学旅行があったので、それだけは行きました。別の意味で可哀想だったので。

しかし一部の生徒は受験のため修学旅行も回避してました。その子は慶應普通部に合格しましたが…)

 

インフルエンザ対策は何をすればいい?

学校は休むとはいえ、塾だけは行きます。

なのでインフルエンザや風邪にかかってしまうリスクは依然として残ります。

 

では、他にどのような対策を取ればいいのでしょうか?

 

空気清浄機は必須!小さいのでもいいので導入しよう!

絶対に導入してほしいのが空気清浄機です。

自宅に既にある方は電気代とか言ってないで、ガンガン使いましょう。

今はフル稼働させるべき時です。

 

もし持ってないのであれば、こちらのマジックボールを購入するという手もあります。

 

 

マジックボールは持ち運びが出来る小さ目の空気清浄機です。

ホテルとかでも大活躍しますが、勉強部屋に置いてフル稼働させるといいでしょう。

 

何故マジックボールを勧めるのかというと…

医療関係者がインフルエンザ対策で選ぶ空気清浄機NO.1

だからです!

 

ちょっとオシャレなのもいいですよね!


乳酸菌を取ろう!

受験生に今大人気のR1ヨーグルト。スーパーなどでは品切れになることもありますよね。

そのR1ヨーグルトよりも多くの乳酸菌が含まれており、サプリのように手軽に食べられる商品があるのです。

 

それが、善玉ガードという商品です。

善玉ガードは1日3粒目安で乳酸菌3億個、ビフィズス菌4.5億個を摂取でき、免疫力をアップしてくれます。

 

ちなみにテレビでも話題になったのが、佐賀県有田町の保育園・幼稚園・小中学生・関係職員全員を対象に行われた調査です。

 

毎日R1ヨーグルトを給食などで食べ続けてもらった結果、佐賀県はインフルエンザの感染率が高い地域にもかかわらず、有田町は周辺地域に比べて感染率が低く統計的に有意差があることが明らかになりました(小学生に限っては隣接した市町村に比べて1/10程度もの差があった)

 

そのR1ヨーグルトよりも多くの乳酸菌を摂取できる善玉ガードなら、効果を期待できますよね。

 

この商品は、メーカーは小さなお子様に勧めていますが、受験生にも最適です。

免疫力を高めて、インフルエンザ予防をしてくださいね。

 



 

食事にネギ・生姜を!

インフルエンザに効果があると言われるネギ、そして体を温める生姜。

お子さんの食事には、是非これらを使ってあげて下さい。

 

こんな興味深い実験があります。

 

富山大学大学院医学薬学研究部生薬学研究室の林利光教授がネギの効能実験を行った。

実験ではA 型インフルエンザウイルス(H1N1)を鼻から感染させたマウスを使い、感染の1週間前から1週間後までの2週間にわたってネギの熱水抽出物を経口投与するグループAと、何もしないグループBの2つに分けた。

感染から3日後、肺や気道のウイルス量と、毒素を中和して生体を防御するたんぱく質「抗体」の産生量を測定したところ、ネギの熱水抽出物を投与したマウスに高いウイルス増殖抑制作用があることがわかった。

 

つまりネギには、風邪やインフルエンザ予防が期待できる食材というわけですね!

 

昔から「ネギを食べると風邪をひきにくくなる」という話がありますが、本当だったのです。

この時期ならお鍋などで美味しくいただけるはず。

是非お子さんに食べさせてあげて下さい。

 

手洗いとマスクは必須!

男の子は嫌がりますが、外出させるときには絶対マスクをさせましょう!

そして帰ってきたら必ず手洗いをさせてください。

なるべく早くウイルスを洗い流し、家の中に漂わせないよう予防しましょう。

 

しかしこのマスク、小学生の男の子はまず間違いなく嫌がります(笑)

ウチの息子は珍しく、自発的にマスクをしてくれたので良かったですが…。

 

玄関先に大量のパック買いケースを置いておき、必ずさせるようにするといいと思いますよ!

 

 

受験生の親は、必死で対策しています

ある小学校でインフルエンザが大流行したことがありました。

多くの生徒がお休みをする中、中学受験を控える子たちはほぼインフルエンザにかからなかったそうです。

これは、親御さんが徹底したインフルエンザ対策をしていたから。

 

とにかく口うるさいくらいに手洗いやマスクをさせること

空気清浄機で室内を除菌!

乳酸菌で免疫力をアップ!

 

これらはもはや必須事項と言っても良いでしょう。

 

受験で頑張るのは子供ですが、万全の体調で送り出すのは親の役目!

そう、あなたはアスリートのコーチのような存在なのです。

 

最後のこの時期に、風邪やインフルエンザなどで悔しい思いをさせないよう、しっかり対策を立ててあげて下さいね!

 

中学受験まで、あと1ヵ月!頑張ってください!!

 

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. […] ブログ「中学受験生の親が気にすべきインフルエンザ対策」でもお伝えしたように、最も大事な時期に人混みの中に連れ出すのは避けましょう。 […]

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

はじめまして。しろくまです。息子の慶應中学受験の経験を、慶應志望の皆様にお伝えしています。

慶應受験専門塾の先生と共に、我が家の受験の経験と先生のノウハウを組み込んだ、慶應中等部・普通部・湘南藤沢の受験に特化した情報提供サイトです。

是非参考にして頂き、合格を勝ち取って下さい!

メルマガボタン1
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

人気記事ランキング
最近の投稿
カテゴリー
スポンサーリンク