スポンサーリンク

息子小学校6年生の春、転塾する

目安時間:約 13分

 

第1志望校を慶應湘南藤沢中等部にした息子。

第2志望が普通部、第3志望が中等部。

 

恐れ多くも、第1志望から第3志望まで全て慶應附属という実力無視のラインナップ。

 

 

志望するのはいいよ、憧れるのはいいよ、でもそれに見合う努力をしないとね!

と何度も言い聞かせたのですが、なかなか受験のスイッチが入らない。

 

相変わらず、家に帰ってきたらご飯食べてテレビ見て寝る生活でした。

そうして、6年生になる直前、春の面談が栄光ゼミナールで開かれたのでした。

 

塾から絶対に合格できない、と言い渡される

小6になる直前の春の面談といえば、志望校をある程度決める重要な面談です。

順調に受験勉強を続けている家庭ではそれほど問題ないのかもしれませんが、我が家の場合は、問題しかありませんでした…。

 

先生からは、現在の息子の成績や偏差値を突き付けられ、慶應志望にストップがかけられました。

「中学受験するからには、合格が一つもない、というのは親は良くても子供には非常に堪えます。アタックテストの出来から考えると、もう少し努力すれば中大横浜とか都市大学付属、桐蔭や桐光学園が範囲内に入ってきます。
いずれもとてもいい中学ですので、調べてみて検討されては?」

早い話、「慶應とか言ってないで、現実的に努力すれば手が届くところにしませんか?」という提案。

すなわち、志望校を見直しの提案でした。

 

今なら凄くいい中学と理解できますが、当時は関東圏の中学はどんな学校があるのか全くわかっていなかった私は、はあ…とか言ってました。
(当時は御三家と早慶くらいしか存在を知らなかった)
その様子を見て、あまりわかってないなと思われたのか、少し厳しい話もされました。

息子は最近では授業を壊すことが多い、ということを。

小学校3年生から通っている栄光ゼミナールでは、クラス全員が友人です。
だからなのか(あるいは勉強の苦痛から逃れるためか)授業中も友人とおしゃべりして遊ぶので何度も注意したがなかなか治らない、というのです。

 

これは、私にとってはとても衝撃的でした。
本気で慶應湘南藤沢に行きたいんじゃなかったのか・・・?

なのに、塾でも勉強しないとは、どういうことなのか?

 

それから数日は激しい説教をしていた記憶があります。

 

「ふざけんな!もう塾なんて行かなくていい!地元の中学行け!」

「よくも俺を騙してくれたな!最低だ!」

 

・・・説教ではないですよね。親から子への一方的な言葉の暴力、だったかもしれません。

 

そんな中でも、息子は泣きながら「でも慶應湘南藤沢に行きたいんだもん」と言い続けてました。
一体この頑固さはどこからくるのか?疑問でした。

しかもそこまで固い決意があるなら、頑張らないといけないことは分かるはずなのに…。

絶対慶應に行きたいという強い気持ちと、勉強をしたくないという気持ち。

その2つが渦を巻いて、息子の心をグチャグチャにしていたのかもしれません。

 

親である私が、まず真剣に中学受験に向き合おうと思った

数日後、改めて私はこの中学受験というものをじっくり考えてみました。

まずは、親である私が中学受験というものを本当に理解していなかったのではないか?
ろくに関東圏の中学も知らず10歳の子供に変な焚き付け方をしてしまったのではないか?

S太の為には、中学受験はやめさせた方がいいのではないか?

脅しのように言うだけでなく、本気で…

 

しかし今、息子は本気で慶應に入りたいと言っている。
息子の学校のクラスにはサピックス生も多くおり、逆に中学受験をしない子の方が少ない状況。
となると、今まで受験すると言っていた子が急にやめるとなった時、周りの子供達の反応を考えると居づらくなってしまうのではないか・・・?

 

そうしてようやく私は、今、息子が本当に非常事態であることに気がついたのです。
中学受験をするも地獄、やめるも地獄、という状況であることに。

 

息子のことをとやかく言えません。

なんのことはない、私こそが中学受験に本気で向き合えてなかったのです。

 

 

それから私は、関東圏における中学受験というものを調べまくりました。

 

どんな中学があるのか、どういう教育をしているのか、どんなカリキュラムなのか、息子が志望する慶應に本当に挑戦するにはどうすればいいのか。
幼いところのある息子をどう導き、中学受験を成功させるには、どうすればいいのか・・・。

 

そこで色々調べた結果「もしかして息子はグループレッスンではダメなのではないか?」という事に思い当たりました。

 

妻は「中学受験で慶應を狙うなら、どう考えてもサピックス」という考えでしたが、

中学受験を調べていくとサピックスの凄さがよくわかり、逆に今からサピックスに入っても

ワケがわからないまま1年が過ぎてしまうのではないか、と思いました。

 

むしろ、息子に合わせてカスタマイズした授業をしてくれるところの方がいいのではないかと考えたのです。

 

 

息子、本気で慶應を目指すため、転塾する

色々調べた結果、早慶に特化した、とある塾がある事を知りました。

しかも個人授業で、本人の理解のスピードに合わせて授業をカスタマイズしてくれるという、息子にとって理想の塾のように思えました。(問題は遠い。電車で乗り継ぎ含めて1時間…)

 

4月…息子と一緒にその塾の面談に行きました。
塾長は非常に熱い人で、息子に何故慶應に行きたいのかを何度も聞いていました。

 

今思えば「何故慶應に行きたいのか」という問いは非常に重要なのがわかります。
この理由が自分の中で確立されてないと慶應の面接試験で引っかかってしまうからです。

 

息子ははっきりとは答えられなかったものの、学園祭を見て憧れたことを喋っていました。

 

そして「君は慶應に合格できるよ。でも今からだと相当頑張らないと行けない。苦しい時もある。それでも君は受験したいか?」

との問われ、「本気で行きたい。頑張る」と返したのです。

 

 

しかし塾まで片道約1時間。この距離は、「何となく行きたい」では続かない距離です。

 

妻も仕事をしながら塾弁を作ったりと大変なことになります。

その点も何度も説きながら、息子にも何度も言い含めました。

 

今までと同じようなことをするのであれば、もはや応援できない。

いじわるで言ってるのではない、ごまかしたり逃げたりするのなら、受験はあきらめよう。

別に中学受験は必ずする必要があるものではないのだから。

学校で居づらいなら、私が何とかする。最悪転校だって考えてもいい。

本当の本当に、自分がどうしたいのか、考えなさい、と。

 

 

最初、すぐに「転塾して頑張りたい」と息子は言ってきましたが、すぐにはOKは出しませんでした。

何度も考えさせました。

一時の気持ちではないのか、と。

 

そして1週間以上、何度も何度も考えさせ、何度も話し合い、転塾して「慶應」だけを目指すことにしたのです。

これが、結果から見ると、息子にとっては大きな転機となりました。

 

ちなみに息子は栄光ゼミナールも続けたい、と無茶を言いましたが、さすがにそれは出来ません。
5月…友人たちを別れて、個別指導塾で志望校を目指す残り9ヶ月が、始まりました。

 

息子の小6時のアタックテスト推移
  • 第1回 4教科偏差値56
  • 第2回 4教科偏差値60
  • 第3回 4教科偏差値63
  • 第4回 4教科偏差値56(転塾後。Eゼミは籍を置き、アタックテストだけは受けられるようにした)
  • 第5回 4教科偏差値56
  • 第6回 4教科偏差値56
  • 得意科目:算数>理科>国語>>>>>>社会

 

慶應受験記の記事一覧

慶應受験記1 小4 中学受験を決めた

慶應受験記2 小4 読書感想文に悩む

慶應受験記3 小4 お盆休みでだらける

慶應受験記4 小4 夏休みの終わり
慶應受験記5 小4 合格祈願に太宰府天満宮へ
慶應受験記6 小5 勉強嫌いだけど受験はやめないと言う
慶應受験記7 小6 個別指導塾へ転塾する
慶應受験記8 小6 志望校選びの考え方
慶應受験記9 小6 受験直前のメモ
慶應受験記10 小6 今だから言える願書提出の失敗談

慶應受験記11 小6 受験直前に息子が考えていたこと
慶應受験記12 小6 受験直前の小学校は休む?
慶應受験記13 小6 息子に受験直前の気持ちをインタビュー
慶應受験記14 小6 受験時、息子に起きたお地蔵様の奇跡
慶應受験記15 小6 慶應中等部受験当日の記録
慶應受験記16 小6 慶應中等部1次合格&面接対策に奔走
慶應受験記17 小6 4月の合不合模試結果
慶應受験記18 小6 4月の合不合模試結果(追記)
慶應受験記19 小6 お世話になった4科のまとめ
慶應受験記20 小6 中学受験で参考になったサイト
慶應受験記21 小6 5月時点の塾からの通知
慶應受験記22 小6 7月の合不合模試結果
慶應受験記23 小6 6月の全国公開模試の結果
慶應受験記24 小6 5月の早慶模試の結果
慶應受験記25 小6 9月のSAPIXオープンは惨敗
慶應受験記26 小6 7月時点の塾からの通知
慶應受験記27 小6 8月時点の塾からの通知
慶應受験記28 小6 9月時点の塾からの通知
慶應受験記29 小6 9月の全国公開模試の結果
慶應受験記30 小6 9月の首都模試の結果
慶應受験記31 小6 10月の首都模試の結果
慶應受験記32 小6 10月時点の塾からの通知
慶應受験記33 小6 慶應を目指すならテレビを見せた方がいい
慶應受験記34 小6 11月の首都模試の結果
慶應受験記35 小6 11月時点の塾からの通知
慶應受験記36 小6 受験用に腕時計を早めにプレゼントし慣れさせよう
慶應受験記37 小6 慶應そっくり模試の結果
慶應受験記38 小6 12月の首都模試の結果
慶應受験記39 小6 息子の併願作戦を公開

慶應受験記40 小6 中受1発目は早稲田佐賀
慶應受験記41 小6 1月校・佐久長聖受験の記録
慶應受験記42 小6 1月校・立教新座受験の記録
慶應受験記43 小6 息子が1月に急激に伸びた理由とは?
慶應受験記44 小6 2月1日の受験ドキュメント…中大横浜&国学院久我山ST
慶應受験記45 小6 2月2日の受験ドキュメント…慶應湘南藤沢&中大横浜
慶應受験記46 小6 2月3日の受験ドキュメント…慶應中等部
慶應受験記47 小6 2月4日の受験ドキュメント…芝中
慶應受験記48 小6 2月4日の中等部面接対策ドキュメント
慶應受験記49 小6 2月5日の受験ドキュメント…中等部面接
慶應受験記50 小6 2月6日の受験ドキュメント…合格発表

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

プロフィール

はじめまして。しろくまです。息子の慶應中学受験の経験を、慶應志望の皆様にお伝えしています。

慶應受験専門塾の先生と共に、我が家の受験の経験と先生のノウハウを組み込んだ、慶應中等部・普通部・湘南藤沢の受験に特化した情報提供サイトです。

是非参考にして頂き、合格を勝ち取って下さい!

メルマガボタン1
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

人気記事ランキング
最近の投稿
カテゴリー
スポンサーリンク