スポンサーリンク

【息子の慶應受験記】2月4日 慶應中等部の面接対策に追われる

目安時間:約 14分

 

3日のSFC不合格から一転、慶應中等部の1次合格。

妻に連絡すると、ホッとしたように喜んでいました。きっと気を揉んでいたのでしょう。

 

しかし、喜んでばかりもいられません。

明日にはもう2次試験が始まってしまうのです。

 

渡された書類を写メで送り、妻には家で明日の準備をしてもらうことに。

その間私たちは塾で2次面接の対策を改めて行うことにしました。

 

異常に高いテンションの息子と、グダグダの模擬面接…

塾へ向かう間、息子はテンションMAXのままでした。

このままでは、もし明日面接で失敗したらとんでもない落ち込み方をするのではないかと危惧し、

「合格したわけじゃないんだから…」

と落ち着かせようとしましたが、それでも息子は「もう俺は合格する!」と嬉しそうに言い続けてました。

 

確かにずっと偏差値40~50で、本当に慶應なんか合格するのかと思うような状態だったのですから、気持ちも分からなくはありません。

 

 

塾について、先生方からとりあえずお祝いの言葉をかけられ、そしてすぐに面接対策に移りました。

12月末に親子で模擬面接を行い、その時は私たち両親の受け答えは及第点を頂いていたのですが、息子の場合はひどくて、

 

  • 目線が定まらず泳いでいる
  • キチンとした敬語が使えていない
  • 自分の長所・短所を説明できない
  • 志望理由がきちんと説明できていない
  • 自己アピールが出来ていない
  • 「あー」とか「えー」とか言いすぎる

 

他にもまだまだ言われましたが、一言で言うと「面接官はお前の友達じゃないっ!!」と叱りたくなるような状態だったのです。

 

12月の模擬面接以降、私は面接の重要性に気がつき、

自分で福沢諭吉の主だった著書を読んだり、慶應という学校の成り立ちについて調べていました。

さらには親から見た息子、そして息子に慶應という校風の学校で何を学んでほしいのか、などを整理し作り上げていました。

 

しかし息子はまず学力が足りないことから面接対策は二の次で、今までずっと過去問演習ばかり取り組んできたこともあり、実質今日が初めての面接対策でした。

 

そのせいもあって、とにかく…ひどい。

 

先生「あなたは何故、慶應中等部を志望したのですか?」

息子「あー、えーっと、何かこの前学校に行って…」

先生「学校に行って?」

息子「違った、えーっと、あれ、学園祭みたいなやつ。そこで英語で劇してて、それ良くて………だから」

先生「??」

 

ああ、もう落ちた、と思いました。正直。

 

私は息子と付きっ切りで願書を作成したので、息子が言いたいことはわかります。

 

母親が発展途上国にお金を貸し付け、その国を豊かにする仕事をやっていた。

→自分もその話を聞くうちに、貧しい国の人々を助けられるような仕事がしたいと思った。

→そんな時、慶應の展覧会で英語研究会の英語劇を見て感動し、ここで英語を学んで将来に備えたいと思った。

→だから、慶應に入って学びたい。

 

と言いたかったのだとすぐに分かりましたが、全く伝わりません…(汗)

実際これだけではロジックとしては弱く、この後私が対策を練ったマニュアルに沿って手を加えましたが、この時点ではボロボロ。

 

しかも明日は面接本番だと言うのに、いまだに敬語をきちんと使えないとは…。

もう、泣きたいくらいです。

 

さらに将来の夢も、志望動機と全く結びつかない「プロのサッカー選手」とか言い出すし、最後の方には先生も呆れて

「おまえ、よく1次試験合格したな…」

と唖然とされる始末でした。

 

何度も厳しい言葉で注意していただきましたが、有頂天になっている息子は上の空。

結局先生からは最低限の諸注意を頂き、その日は帰宅することになったのです。

 

ボロボロの面接対策から、息子を大きく変えた方法

なぜ息子はこんなにもダメだったのか…

実は私はよくわかっていました。

 

  • 見慣れた先生&塾という普段の環境が、息子を真剣にさせなかった

 

からです。

 

私はすぐに会社に連絡し、明日2月5日に開いている会議室を押さえました。

ウチの会社は大手ではなく、また一般人をモニターに呼んだりすることもあるので、問題視されない環境なのが幸いしました。

そして明日は朝から家族全員できちんとした格好で会社へ行きひたすら面接対策を行い、その足で中等部の2次試験に挑むことにしたのです。

 

 

4日の夜、家では改めて私が息子と面接対策を行いました。

言葉遣いなどはとりあえず二の次にし、息子の中の話したい事を徹底的に構築し覚え込ませました。

 

特に注力したのが

  • 志望動機
  • 慶應に入ったら学びたいこと
  • 福沢諭吉の功績についてあなたはどう思うか?

ということ。

 

さすがに息子も学問のすゝめくらいは読んでいましたが、改めて福沢諭吉をどう思うかという質問をされると、そこまで確たる意見はないはずなので、この点はかなり親の意見を取り入れさせました。

 

志望動機や慶應に入ってから学びたいことは息子の中にあったので、それらを改めてアウトプットさせながら、どうロジカルに話すべきかをレクチャーしていきました。

 

さらに重要なのは、妻へのレクチャーです。

面接は子供も重要ですが、親はもっと重要です。

親が慶應についてどう思っているのか、子供をどう育てたいのか、どういう子育てをしてきたのか、といった点については必ずと言っていいほど聞かれるのです。

仕事柄リサーチが得意だった私は、息子が1次試験を突破した時に備え、独自にリサーチを重ねてきました。

それがこの日、最大限役に立ったというワケですね。

 

この日は息子と妻に面接対策をレクチャーし、最後に体育実技の流れと手順、注意点などを確認して就寝しました。

 

 

そして2月5日。

面接に向かうきちんとした格好で、親子で会社へ。

2次試験は午後からなので、午前中は会社でひたすら最後の面接対策を行います。

 

会社の会議室で面接対策を行う利点は、私は次のように考えています。

 

  • 本番の面接がこのあと控えているので、真剣度合いが違う
  • 初めて入る場所なので、緊張感を持たせることができる(役員応接だとより〇)
  • 服装も本番仕様なので、気合が入る

 

出来ることなら面接官役も親ではない方がより良いのですが、さすがにそこまでは出来ませんでした。

そのため親が息子に質問しました。

 

会議室の外からノックして、椅子に座るまでの態度と手順もチェックします。

細かいことですが、ノックしたら声がかかってから開けるとか、コート類はどこに置くのかとか、促されるまで座らないなど、礼儀部分も重要だからです。

特にこうした「礼儀」の部分は、住み慣れた自宅や塾では真剣に行えないもの。

その意味でも、会社の会議室という場は良かったです。

 

そして親への質問は息子が担当しました。

やってみて、これが意外と良かった。

 

「【やる気スイッチ】子供を自発的に勉強させる方法」では勉強を私に教えることが、息子の学力アップに一役買ったという話をさせていただきましたが、面接でも同様でした。

親に質問するということは、息子の中で「慶應はその家庭に何を求めているのか?」を考えさせます。

もちろん私が用意した質問もありましたが、そこから派生して息子は独自に質問を考え、それを聞いていきました。

それがそのまま、息子の慶應面接対策につながっていったのです。

 

 

こうしているうちに、徐々に息子の中で、自分が慶應を受験する意味みたいな柱が出来上がっていくのを感じました。

最初の方はやっぱり息子もしどろもどろでしたが、最後の方はきちんと受け答え出来るようになっていったのです。

時折、ナナメ上を行く質問をしましたが、自分の中にきちんと核があるので、そこからちょうど良いエピソードを引き出してうまく答えられるようになってきたのです。

 

こうした我が家の面接対策を整理し、さらに塾の先生のご協力を頂いて作成した2次面接対策マニュアルがコチラです。

これから慶應に挑まれる方には是非読んで頂きたいと思ってます。

 

 

朝10時から午後1時までみっちりと面接対策を行うと、そのまま会議室で軽食を取り、慶應中等部へと向かいました。

 

泣いても笑ってもこれが最後…

いよいよ、慶應中等部の2次試験が、始まります。

 

 

慶應受験記の記事一覧

慶應受験記1 小4 中学受験を決めた

慶應受験記2 小4 読書感想文に悩む

慶應受験記3 小4 お盆休みでだらける

慶應受験記4 小4 夏休みの終わり
慶應受験記5 小4 合格祈願に太宰府天満宮へ
慶應受験記6 小5 勉強嫌いだけど受験はやめないと言う
慶應受験記7 小6 個別指導塾へ転塾する
慶應受験記8 小6 志望校選びの考え方
慶應受験記9 小6 受験直前のメモ
慶應受験記10 小6 今だから言える願書提出の失敗談

慶應受験記11 小6 受験直前に息子が考えていたこと
慶應受験記12 小6 受験直前の小学校は休む?
慶應受験記13 小6 息子に受験直前の気持ちをインタビュー
慶應受験記14 小6 受験時、息子に起きたお地蔵様の奇跡
慶應受験記15 小6 慶應中等部受験当日の記録
慶應受験記16 小6 慶應中等部1次合格&面接対策に奔走
慶應受験記17 小6 4月の合不合模試結果
慶應受験記18 小6 4月の合不合模試結果(追記)
慶應受験記19 小6 お世話になった4科のまとめ
慶應受験記20 小6 中学受験で参考になったサイト
慶應受験記21 小6 5月時点の塾からの通知
慶應受験記22 小6 7月の合不合模試結果
慶應受験記23 小6 6月の全国公開模試の結果
慶應受験記24 小6 5月の早慶模試の結果
慶應受験記25 小6 9月のSAPIXオープンは惨敗
慶應受験記26 小6 7月時点の塾からの通知
慶應受験記27 小6 8月時点の塾からの通知
慶應受験記28 小6 9月時点の塾からの通知
慶應受験記29 小6 9月の全国公開模試の結果
慶應受験記30 小6 9月の首都模試の結果
慶應受験記31 小6 10月の首都模試の結果
慶應受験記32 小6 10月時点の塾からの通知
慶應受験記33 小6 慶應を目指すならテレビを見せた方がいい
慶應受験記34 小6 11月の首都模試の結果
慶應受験記35 小6 11月時点の塾からの通知
慶應受験記36 小6 受験用に腕時計を早めにプレゼントし慣れさせよう
慶應受験記37 小6 慶應そっくり模試の結果
慶應受験記38 小6 12月の首都模試の結果
慶應受験記39 小6 息子の併願作戦を公開

慶應受験記40 小6 中受1発目は早稲田佐賀
慶應受験記41 小6 1月校・佐久長聖受験の記録
慶應受験記42 小6 1月校・立教新座受験の記録
慶應受験記43 小6 息子が1月に急激に伸びた理由とは?
慶應受験記44 小6 2月1日の受験ドキュメント…中大横浜&国学院久我山ST
慶應受験記45 小6 2月2日の受験ドキュメント…慶應湘南藤沢&中大横浜
慶應受験記46 小6 2月3日の受験ドキュメント…慶應中等部
慶應受験記47 小6 2月4日の受験ドキュメント…芝中
慶應受験記48 小6 2月4日の中等部面接対策ドキュメント
慶應受験記49 小6 2月5日の受験ドキュメント…中等部面接
慶應受験記50 小6 2月6日の受験ドキュメント…合格発表

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

はじめまして。しろくまです。息子の慶應中学受験の経験を、慶應志望の皆様にお伝えしています。

慶應受験専門塾の先生と共に、我が家の受験の経験と先生のノウハウを組み込んだ、慶應中等部・普通部・湘南藤沢の受験に特化した情報提供サイトです。

是非参考にして頂き、合格を勝ち取って下さい!

メルマガボタン1
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

人気記事ランキング
最近の投稿
カテゴリー
スポンサーリンク